谷間ができない悩みを解消する4つの方法と裏ワザとは

 

「男性にモテたい!」という理由だけでなく、「いろんなファッションを楽しみたい!」

 

「スタイル良く見せたい!」という憧れから、谷間のあるバストを手に入れたいと思っている女性は多いのではないでしょうか?

 

しかし実際には、朝にパパッと寄せてみたものの、夜家に帰る頃には、谷間なんてできない!ってことがほとんどではないですか?

 

ここからは、谷間ができない悩みを解消する4つの方法と裏ワザをご紹介します。

 

 

正しいブラジャーの着け方&悩みを解消する4つの方法と裏ワザ

 

 

バストが大きい人しか谷間はできないと思っていませんか?

 

実は必ずしもそうではありません。

 

ブラジャーの着け方を見直せば、谷間を手に入れられるかもしれないのです。

 

これから紹介することは非常に基本的なことですが、案外自己流になっている人も多いはずです。

 

ブラジャーを正しく着けることは、見た目の良さだけではなく、バストにも負担が少なくなる、という利点もあるのです。

 

 

ストラップを肩にかけ、カップをアンダーバストに合わせる

以前は「先に体の前でブラジャーのホックを留めて、後ろに回す」という方法もあったようですが、現在は先にストラップをかける方が主流のようです。

 

この時に、ワイヤーが「バージスライン」(バストとボディの境界線)にあることを確認してください。

 

 

前傾姿勢になってブラジャーを左右に振ってバストを収める。

直立のままよりもお辞儀をした姿勢の方が、よりバストの肉がブラジャーのカップに綺麗に入ります。

 

左右に振って、重力を利用して脂肪をブラジャー内に落とし込むところがポイントです。

 

 

バスト周辺の脂肪を寄せる

右手でアンダーのワイヤーを押さえ、左手で右側の背中や脇の肉をバストに流して、ブラジャーでしっかりホールドするイメージで、脂肪を寄せます。左側も同様に行います。

 

 

ホックの位置を確認

ホックの位置が高すぎたり低すぎたりすると、せっかく寄せて整えたバストがブラジャーの外に流れてしまいます。

 

肩甲骨の下にホックがあり、ブラジャーのアンダーベルトが平行になっていることも確認してください。

 

 

<裏ワザ>たった3分でできる谷間の作り方

 

 

「今日の勝負服」のために、さっと谷間ができたら嬉しくないですか?

 

Vネックのニットからちらっと見える谷間は、女性が見てもセクシーですよね。

 

方法はすごく簡単です!

ブラの谷間を3cmほど縫い付けるだけです。

 

豊胸手術をしない限り1日で胸が大きくなることはないかもしれませんが、この方法ならあっという間に憧れの谷間がたった3分で作ることができます。

 

自然な谷間が簡単にできるので、ぜひ実践してみてください。

 

TOP⇒【離れ乳を矯正できるブラジャー】可愛すぎる人気おすすめブラとは?