産後にバストがしぼんでしまう原因と対策ケア

 

妊娠をすると、女性の体は大きく変化をします。

 

赤ちゃんに母乳をあげるために、バストも大きくなります。

 

個人差はありますが、2カップも大きくなる人もいるようです。

 

必ずしも「バストは大きいほうがいい!」という訳ではないですが、それでも大きいバストに憧れを抱いている人は多いはず。

 

ママになる喜びと共に、「バストが大きくなっていくのが嬉しい」という声を聞きます。

 

ですが、産後バストがしぼんでしまい以前のようなハリのあるバストには戻らない!

 

というような声が先輩ママから聞くことがあります。

 

産後バストがしぼんでしまう原因と対策についてご紹介します。

 

 

産後のバストがしぼんでしまう原因

 

 

変化しやすい女性の体は、産後そして卒乳後には違った結果をもたらします。

 

1度大きくなったバストは、多くの場合しぼんでしまい、がっかりする人も少なくないようです。

 

 

皮膚の伸び

授乳のために、「プロラクチン」という女性ホルモンが多くなり大きくなったバストですが、産後はホルモンの状態が妊娠前に戻るので、バストの大きさはもと通りになります。

 

しかし、1度伸びてしまった皮膚はそのままなので、結果的にバストにハリがなくしぼんでしまうのです。

 

授乳の影響

授乳も要因の1つです。赤ちゃんを抱きかかえながら授乳をすると、赤ちゃんに乳首を下方向に引っ張られるので、バストが垂れやすくなってしまいます。

 

猫背

オムツを替えたり、赤ちゃんを抱っこしたり、意識をしていないと、育児中は姿勢が悪くなりがちです。

 

猫背になってリンパの流れが悪くなることで、バストも垂れたりしぼんだりします。

 

クーパー靭帯の伸び

コラーゲンを主成分とした、硬い結合組織である「クーパー靭帯」と呼ばれるものが、バストを綺麗な丸い形に維持しています。

 

靱帯は筋肉のように伸び縮みするものではなく、ある一定の長さを保ちます。

 

妊娠によってバストが大きくなると、クーパー靭帯も伸びるのですが、産後バストが小さくなってもクーパー靭帯は伸びきったままなのです。

 

残念ながら、バストの綺麗な形を維持できなくなってしまい、結果的にしぼんでしまうのです。

 

 

バストがしぼまないためには

 

 

せっかく大きくなったバスト。

 

垂れてしぼんでしまわないように、授乳中から対策をして起きましょう!

 

産後は育児で忙しくて、バストのことまで気が回らない!と思われるかもしれませんが、ちょっと意識をするだけで、かなり効果はあるようです。

 

ぜひ実践してみてください。

 

バストに合ったブラジャーを着ける

産後はどうしても、面倒臭いという理由から、締め付けない楽な下着をつけてしまいがちです。卒乳後からは、自分のバストのサイズと形に合ったブラジャーを着けて、形をキープすることをお勧めします。

 

乳トレ

バストは脂肪ですが、バストを支えている大胸筋を鍛えることで、バストが垂れ下がるのを防ぐことができます。

 

マッサージ

ボディクリームなどで、周囲に流れてしまった脂肪を寄せることも、バストアップに効果があります。

 

このように産後バストがしぼんでしまう前に正しいケアをして出産後もピチピチ美乳を維持していきましょう。

 

こまめにケアをすることも大事ですが、産後は特に胸の形を維持する為の矯正ブラジャーを使用することで形やサイズをキープすることもできます。

 

>>産後のバストを矯正できるブラジャー