ランニングをすると胸が小さくなる|スポブラは必須その真相を暴露

 

近年では健康志向も高まり、24hのスポーツジムが次々とオープンしていたり、女性がおしゃれを楽しんでスポーツできるようなウエアが発売されていたりと、運動することがかなり身近になっています。

 

ダイエットには有酸素運動が効果的だということと、ほかのスポーツと違って初期投資が少なく手頃に始められることから、ランニングをしている人も多いです。

 

しかし、ここでもバストの悩みは尽きません。

 


「ランニングすると胸が小さくなってしまうのではないか」という不安を抱いてしまいます。

 

そこで、ヨガやピラティスのような緩やかな運動ではなくて、ランニングのように激しい運動をする方は、ぜひスポーツブラを着けましょう。

 

 

普通のブラジャーを着けてスポーツをするリスク

 

 

バストは大胸筋とクーパー靭帯という、バストを丸い形にキープしてくれる靭帯によって繋がれています。

 

激しい運動をして、バストが上下に揺れてしまうと、このクーパー靭帯が切れてしまう可能性があるのです。

 

そして厄介なのは、このクーパー靭帯は1度切れてしまうと元に戻らないという点です。

 

すなわち、バストが綺麗な形でキープされずに垂れ下がってしまうということです。

 

また、バストは脂肪なので、激しい運動によって上下に揺れることで、ほかの部位の脂肪と一緒に、バスト自体が小さくなってしまう可能性があります。

 

このことからもランニングをすると胸が小さくなると言われている元凶です。

 

 

スポーツブラのメリット

 

 

スポーツブラはアンダーや肩紐がずれにくく、バストが揺れないようにデザインされています。

 

なので、運動中に揺れが気にならないだけでなく、バストのサイズや形もキープできるという利点があるのです。

 

ヨガ用とランニング用ではホールド力が違うので、ランニングをする時は、専用のスポーツブラを使用しましょう。

 

自分に合ったスポーツブラを選ぶ

スポーツをしていない時にも言えることですが、ブラジャーを選ぶ際に、自分のサイズにあったものを選ぶことが最も重要です。

 

アンダー・カップのサイズがぴったりのもの

店頭で購入する際は、必ず試着をして、店員さんのアドバイスを聞いて、ジャストフィットのものを選びましょう。

 

肩紐の緩さが調節可能か

通常のブラジャーでも同様ですが、何度か使用したり洗濯したりするうちに、ブラジャーの肩紐が緩んでくるので、調節できるものが便利です。

 

また、肩紐は指を入れてスムーズに動かせるくらいのホールド感が最適な長さです。

 

 

スポーツブラを着けてバストはキープしたまま、要らない贅肉は落として、憧れのメリハリボディを手に入れましょう!!

 

離れ乳を矯正できるブラジャーが話題沸騰中!